トップ

PMSのイライラを改善

生理前のイライラはPMSかも

PMSとイライラの関係とは

毎月生理が来ると、気分が荒だってイライラしてしまうけど、コントロール出来ずにまた気分がふさぎ込んでどうしようもない気持ちになってしまう・・・。こんな悩みをもっている女性は、世の中にたくさんいます。

もし、生理前になると毎月イライラしてしまうなら、PMSの可能性が高いです。PMSは、月経前症候群という意味で、このPMSの改善ができれば、月経前の不快な気持ちを解消できます。

このPMSが大きく関わるのは、女性ホルモンのなかでも、排卵の後の「黄体期」になると、プログステンとエストロゲンという二つ、の急激な変動が大きく関わっていると言われています。

女性の月経周期はおよそ28日です。その半分の14日当たりで、イライラ感が募るという人がほとんどです。卵胞期にはエストロゲンが増えて排卵し、排卵の後は卵子からプロゲステロンが分泌されます。この時期になると、不安な気持ちを引き起こしやすくなる物質と、不安を和らげようとする物質が共に出ている状態が起こります。

この不安増強物質は、分泌のより強い人のほうがPMS諸症状を強くひきおこします。黄体期に入ると、エストロゲンが減少し、これは更年期障害と同じような作用が引き起こされます。同じころに、セロトニンと呼ばれる物質量が低下してしまい、落ち込んでイライラするというメンタル的な症状が出てくるのです。

赤ちゃんを出産する準備を毎月決まったサイクルで繰り返すのが女性の体。その出産に向けた準備を整えるために、女性ホルモンがさまざまな作用を、毎月同じように繰り返しています。排卵前後で女性ホルモンのバランスが変わるのは、順調な体の作用であることに変わりはありません。

生理前になると、子宮の壁を厚くするために体の中にある血液も、子宮に集中し始めます。そのため、体全体の血流が悪くなってしまうのも、不調を引き起こす原因となります。